NEWS

ブログ

2020.1.5

鍋ダイエットで美味しく痩せる

寒くなってくると食べたくなってしまうお鍋。



鍋料理は、一度にたくさんの栄養素を簡単に取り入れることができます。


また野菜中心でカロリーが低いキノコが入ってるので食物繊維豊富でダイエットにおすすめです。

鍋はダイエットや美肌効果、冷え性改善、腸内環境を整えてくれたりとうれしい効果が期待できます。

ところが、鍋率が高いのに、「逆に太った気がする」という声も。鍋を食べるときはいくつかのルールを守る必要があるのです。


〜ダイエット効果を上げるポイント〜


① 水炊き(具材は野菜、きのこ、低脂質高タンパク質)

野菜→白菜、葱、もやし、トマト、キャベツ、春菊

きのこ→えのき、舞茸、エリンギ

豆腐、白身魚

肉→鶏肉、豚肉

がおすすめです。

すり下ろしニンニクや生姜を入れると新陳代謝UPします。


②〆ものは基本無し

鍋料理といえば〆シメは醍醐味ですが、ご飯やラーメンなど炭水化物を取ることが太る原因になります。どうしても食べたい場合は、こんにゃく麺やしらたき、豆腐麺など、糖質オフ麺を選ぶようにしましょう。


③スープの飲みすぎはNG

味の濃いスープには調味料や塩分が多く使用されています。塩分を多く摂ると、体が水分を蓄えようとするのでむくみの原因になります。

④ゴマダレはNG

何か調味料をつけたい場合はポン酢を選ぶようにしてください。ポン酢は低カロリーなのでダイエット向きです。


いつもの鍋料理にほんの少しひと工夫するだけでカロリーダウンができます。

冬は代謝をUPさせて脂肪をガンガン燃やしましょう!

BODYMAKEでみんなで美味しく豊かな冬を過ごしましょうね!

お知らせ一覧に戻る