NEWS

ブログ

2020.8.17

痩せるには、無酸素運動+有酸素運動をバランス良く!

ダイエットは、食事による摂取カロリーの制限と並行して、ウエイトトレーニングのような無酸素運動と、ウォーキングやジョギングのような有酸素運動を取り入れることが大事です。



ウエイトトレーニング(無酸素運動)をして筋肉を増やすと、基礎代謝が増え、痩せやすい身体、そして体脂肪がつきにくい身体を獲得することができます。しかし、筋肉の増量は簡単なことではなく、少なくとも3~4ヶ月が必要です。長い目でみた痩せる身体の土台作りととらえましょう。



ウォーキングやジョギングに代表される有酸素運動には、脂肪燃焼の即効性が期待できます。
ある一定の脈拍を維持しながら有酸素運動を続けていくと、15~20分ぐらいから体脂肪の燃焼の割合が高くなります。


無酸素運動を先に行うことで、アドレナリンや脂肪細胞を分解する働きがある「成長ホルモン」が分泌され、効率良く脂肪を燃焼させることができます。


コンテストに出場するような究極まで体脂肪を落とさなければならないボディビルダーも、減量期間に入ると毎日、様々な有酸素運動を行います。



ダイエットに近道はありません。


体脂肪の減少を目指すなら、摂取カロリーの制限をしながら、有酸素運動とウエイトトレーニングをバランス良く続けていくことが大切です。



福井でパーソナルトレーニング、ボディメイク、ダイエットするならLOTUS!!

LOTU代表トレーナー 髙村亮太

お知らせ一覧に戻る